甲府市緑が丘スポーツ公園テニスコート近く
駐車場完備
TEL:055-252-7000

予防接種

予防接種について

予防接種について

当クリニックは予防接種として、成人向けのワクチン接種(インフルエンザ、肺炎球菌)を行っています。ワクチン接種とは、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を体内に注入することで免疫をつけるというものです。これにより、ある特定の病気に感染しにくい状態にし、万一その病気になったとしても軽く済むように行われるものです。

当クリニックで実施している成人向けのワクチン接種についての詳細は以下の通りです。なお、インフルエンザワクチンおよび肺炎球菌ワクチン以外のワクチン接種を希望される方は、別途ご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症をインフルエンザと言います。同ウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経た後に発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて風邪の症状と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状もみられます。小児の場合は、痙攣(けいれん)や中耳炎、まれに急性脳症の症状もみられます。また高齢者や基礎疾患をお持ちの方では肺炎を併発するなど、重症化する可能性もあります。

インフルエンザを予防する対策として流行前のワクチン接種があります。なおインフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変える特徴があるので、異なるタイプが流行します。それに対抗するためにも、予防接種は毎年行うようにしてください。

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに2週間ほどかかりますが、その効果は約5ヵ月間持続します。日本であれば、例年12月~翌3月頃にインフルエンザが流行しますので、接種時期としては毎年12月中旬頃までに行うのが望ましいと思われます。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、高齢者の方や基礎疾患を持っている方などにかかりやすく、しかも治りにくい傾向があります。

肺炎を予防するための有効な対策のひとつが肺炎球菌ワクチンの接種です。肺炎の原因菌で最も多いとみられるのは、肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)です。この肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するほか、重症化のリスクを減らします。

また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎予防には、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

※肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。